更年期の時期に大事なつきあい方について

更年期との上手な付き合いかたについて

 

卵巣機能の衰え、女性は50歳頃、閉経を境に更年期障害を発症するケースがありますよね。症状のでかたも人それぞれです。

 

その年代というのは育児な一段落し、子供も独り立ちし、手がかからなくなるなど生活環境の変化から起きやすいです。

 

不安や些細なことでいらいら、人にあたってしまうなど思い当たることはありますか?

 

あまりにも症状がひどい場合は病院受診を勧めますがちょっとした生活習慣の見直しで症状を和らげる方法もあります。いくつか紹介します。

 

ウォーキングをする

 

外の空気を吸う、たくさんの汗をかくことは非常によいデトックスです。

 

ちょっとした合間に時間を決めて、自宅周囲、また日によってコースを変え、新鮮な景色を見ながら歩くことです。

 

また糖尿病、高血圧など生活習慣病の予防などにも効果的です。またダイエットを考えている人にもウォーキングはお勧めです。

 

ときめきを忘れない

 

テレビで時々、韓流や好きな芸能人の追っかけのパワフルなおばさんたちを目にしませんか?

 

あの方々は熱烈ファンで好きな芸能人のためならどこまでも追いかけるといったパワフルさがあります。

 

何歳になってもときめきというのを忘れない方はいつまでも気持ちが若い上、更年期とは無縁の人が多く、不安、うつとも無縁の方が多いです。

 

相手がたとえ芸能人という存在でも、いつまでもときめくということがいかに体と心に大事が改めて感じます。

 

自分に合ったリラックス法を見つける

 

映画を観に行く、温泉にいく、好きな音楽を聴く、趣味をもつ、近所や親しい気の合う仲間と食事やお茶をするなど、自分がリラックスできる空間を作ることが大切です。

 

リラックスしている時間は心と体のバランスが非常にいいときです。

 

周りに更年期とのの不安、うつなどで悩んでる方々はどのくらいいるでしょうか?

 

人それぞれ症状はさまざまなので誰もがあてはまる訳ではないとも思いますが、生活習慣の見直し1つで少しでも楽になります。

 

どうか上記のことなども参考にしながら、更年期と上手に付き合っていければと思っています。